0
¥0

現在カート内に商品はございません。

北信エリア 長野エリア 上田エリア 佐久エリア 北アルプスエリア 松本エリア 木曽エリア 諏訪エリア 上伊那エリア 南信州エリア
北信エリア 長野エリア 上田エリア 佐久エリア 北アルプスエリア 松本エリア 木曽エリア 諏訪エリア 上伊那エリア 南信州エリア

北信エリア

上田地域は、美ヶ原・菅平・湯の丸の3つの高原、中央に流れる千曲川からなる地形と、穏やかな気候に恵まれたエリアです。
上田は、戦乱の時代、信濃の小豪族から天下に名をとどろかせた真田氏発祥の地です。1583年、真田昌幸は上田城を築き、城下町として栄えていきました。鎌倉時代の多くの文化財が残り、「信州の鎌倉」と呼ばれている塩田平、北国街道の宿場町である海野宿、中山道の宿場町である和田宿など、歴史遺産と古き良き街並みが色濃く残っています。そのため、映画のロケ地でもよく利用されています。
また、上田地域は全国でも数少ない国民保養温泉地に選定されている上田市の丸子温泉郷、青木村の田沢温泉、沓掛温泉など、数多くの温泉施設があります。
農業としては、高原野菜のほか、年間を通じて比較的降水量が少なく日照時間も長いことからワイン用ぶどう栽培が盛んで、中でも東御市は日本でも有数のワインエリアになっています。

長野エリア

長野地域は、四方美しい山並みと千曲川と犀川の水系に恵まれたエリアです。合併を繰り返してできた大きい地域でもあり、県都長野市を中心に発展してきました。
長野県庁の近くには善光寺があり、門前町として栄え、観光スポットにもなっています。上杉謙信と武田信玄が合戦した地・松代城、真田十万石の城下町・松代、「日本一のあんずの里」・千曲市、松川渓谷沿いに8つの温泉が点在する温泉地、ナウマンゾウ発見の地である野尻湖など、有名スポットが数多く存在します。
また姨捨の棚田は、国の「日本の棚田百選」に選定されています。斜面に並ぶ田んぼに月が移りゆくことを「田毎の月」と言い、その美しい月と田んぼが有名で、夏の夜は特別列車が走ります。
古くから製糸業が盛んで、「ものづくり都市」である須坂市を中心に、製造業も発展し続けています。

上田エリア

上田地域は、美ヶ原・菅平・湯の丸の3つの高原、中央に流れる千曲川からなる地形と、穏やかな気候に恵まれたエリアです。
上田は、戦乱の時代、信濃の小豪族から天下に名をとどろかせた真田氏発祥の地です。1583年、真田昌幸は上田城を築き、城下町として栄えていきました。鎌倉時代の多くの文化財が残り、「信州の鎌倉」と呼ばれている塩田平、北国街道の宿場町である海野宿、中山道の宿場町である和田宿など、歴史遺産と古き良き街並みが色濃く残っています。そのため、映画のロケ地でもよく利用されています。
また、上田地域は全国でも数少ない国民保養温泉地に選定されている上田市の丸子温泉郷、青木村の田沢温泉、沓掛温泉など、数多くの温泉施設があります。
農業としては、高原野菜のほか、年間を通じて比較的降水量が少なく日照時間も長いことからワイン用ぶどう栽培が盛んで、中でも東御市は日本でも有数のワインエリアになっています。

佐久エリア

長野県の東端に位置する佐久地域は、北に浅間山、南に蓼科山、八ヶ岳に囲まれ、美しい千曲川の水系を抱える、自然に恵まれたエリアです。千曲川の源流エリアで、「水のふるさと」とも呼ばれています。
そして、古き良き面影が残り宿場が連なる中山道や北国街道の小諸宿、観光資源を活かした国内有数のリゾート地軽井沢をはじめとする観光リゾート地など、自然の中で名産品の数々を楽しめます。
佐久地域を南北につなぐ高原列車、JR小梅線の旅もおすすめで、のどかな大高原を駆け抜けます。その道中には、日本が誇る星の名所があり、満点の星空を見て、油井亀美也宇宙飛行士が誕生したことでも知られています。
標高が高く、晴天率の高い佐久地域は、肉眼でも楽しめるほど星空観察の好適地です。
大高原は、冷涼な気候と清らかな水によって育てられた高原野菜の一大産地でもあり、レタスや白菜、キャベツが多く収穫されます。

北アルプスエリア

北アルプス地域は、長野県北西部、北アルプスのふもとに位置する地域です。冬は世界的にも人気のスキーエリアになり、春から秋までのグリーンシーズンは登山やトレッキングなど、大自然を満喫できます。
数多くのスキー場があり、オリンピックの舞台となった白馬ジャンプ競技場はリフトで地上約140メートルの高さにあるスタート地点まで登ることができます。
白馬岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、雨飾山などの日本百名山が連なり、連峰や残雪の冷えた空気を楽しみながら歩く登山や、山岳温泉、「仁科三湖」と呼ばれる3つの湖で楽しむ湖上アクティビティも人気です。
また大町市は、日本一の堤高186mを誇る黒部ダムがある、立山黒部アルペンルートの玄関口です。黒部ダムでは、毎年決まった時期に放水する観光放水を実施し、迫力の景色を見ることができます。
手打ちそば、おやきなど伝統的な特産品が盛んで、信州みやげの定番「雷鳥の里」もこの地域の大町市で生まれました。

松本エリア

長野県の中央部に広がる松本地域は、標高2000mの高原台地・美ヶ原高原や上高地、乗鞍高原など数々の観光スポットに囲まれたエリアです。
中心の松本市には、五重六階の木造天守である国宝・松本城があり、松本市のシンボルになっています。城下町にある中町通りや縄手通りは、古い街並みで歴史と文化を堪能でき、その中にはワーケーションで入れる現代的なお店もあり、仕事をするのにもおすすめの場所です。
松本地域は昼夜の寒暖差が大きく日照時間が長いため、りんごやスイカなどの農産物の栽培が盛んなエリアです。
また北アルプスの豊富な雪解け水を利用した安曇野産わさびは生産量日本一を誇り、塩尻市はワインの産地として有名です。アルプスワイン、井筒ワイン、信濃ワイン、五一わいんなど、名だたるワイナリーがあり、市内のワイナリーを巡る「塩尻ワイナリーフェスタ」も毎年賑わっています。

木曽エリア

木曽地域は、西に霊峰・御嶽山、東に中央アルプスの山々に囲まれたエリアです。中央には木曽川や木曽路・中山道が続きます。
御嶽山は標高3067mの独立峰で、木曽を代表する山です。古くから富士山や立山などと並ぶ霊峰として知られてきました。
そして中山道は木曽を通るので「木曽路」と呼ばれ、木曽路には十一宿があります。昔の姿をとどめた宿場は文化遺産として保存されています。
日本を代表する詩人・島崎藤村が綴った、「木曽路はすべて山の中である」という冒頭の小説「夜明け前」の舞台であり、松尾芭蕉や正岡子規がたどった峠の細道も木曽にあります。
また、郷土料理が多い地域で、中でも、かぶ菜を乳酸菌で発酵させた漬物の「すんき」や、小豆のあんが入った餅を朴(ほお)の葉で包んで蒸した「ほお葉巻き」が有名です。
産業は、豊かな森林資源を生かした林業が盛ん、さらに長野県で唯一の漆器「木曽漆器」をはじめとする、伝統工芸品があります。

諏訪エリア

諏訪盆地の真ん中に位置する諏訪湖は、標高759m、湖周15.9m、面積13.3㎢の県内最大の湖です。この諏訪湖を中心として、高山植物が咲き誇る霧ヶ峰高原や長野県と山梨県をまたがる八ヶ岳など、諏訪地域は大自然が広がっています。また、東京まで約2時間半で行ける好アクセスのため、別荘も多く、観光としても人気です。
諏訪地域には、古事記の中にも登場する由緒正しき神社、諏訪大社があります。諏訪湖を囲む4つのお宮から成り立ち、日本でも有数のパワースポットです。最近では温暖化の影響で見ることができない年もありますが、零下15℃以下が続くと諏訪湖に氷が張り、山脈のように盛り上がる「御神渡り」があります。数kmに渡る「氷の道」はとても神秘的です。
また近年では、美術館や博物館が集まっています。
空気や水に恵まれた自然条件を利用して工業発展も目覚ましく、製糸業から始まり精密機械の生産が発展、「東洋のスイス」と呼ばれてきました。

上伊那エリア

中央アルプスと南アルプスに挟まれ、間に流れる天竜川の上流域にあたるエリアが、上伊那地域です。
天竜川に沿って南北に伸びる細長い盆地を「伊那谷」といい、大自然はもちろんのこと、様々な都市や農村も広がっています。
中央アルプスの直下には、「千畳敷カール」と呼ばれるお椀型の地形が広がっています。約2万年前、氷河期の氷河によって削り取られて生み出された地形で、駒ヶ岳ロープウェイに乗ると標高2500mを超える高山帯の白い岩肌のもとに広がる絶景を見ることができます。
伊那市には城下町・高遠があり、「コヒガンザクラ」の名所として知られていて、辰野町の松尾峡周辺は明治時代から「ほたるの里」として知られてきました。
また、段丘や扇状地を水田として利用し、古くから稲作が盛んで、さらに寒暖差が大きく雪が少ないため、りんごやイチゴ、ブドウなどの果樹栽培にも適しています。
伊那のソウルフード「ローメン」も人気です。

南信州エリア

長野県最南端に位置する南信州地域は、中央アルプスと南アルプスに囲まれた、穏やかな気候のエリアです。
美しい渓谷や温泉などの自然資源が豊富なことに加え、南信州は古くから多くの祭りや芸能が伝えられてきました。霜雪祭り、大鹿歌舞伎、新野の雪まつり、今田人形など、様々な分野の祭りや芸能が伝承されてきた、民族芸能の宝庫です。
農業は、温暖な気候と寒冷な気候が交わる土地柄を生かして、りんごや梨、桃などの果樹栽培が盛んです。飯田市のりんご並木は、約300mの道路に13種類26本のりんごの木が植えられており、飯田市のシンボルになっています。りんごを原料としたシードルも有名で、松川町は長野で最初にシードルを作った町です。全国的にも有名な甘い干し柿「市田柿」もこの南信州地域で生まれました。
また、阿智村は「星が最も輝いて見える場所」として人気のスポットとなっています。

カテゴリ一覧

ページトップへ